本文へスキップ

新潟県新発田市の大杉脳外科医院です

電話でのお問い合わせはTEL.0254-23-8211

〒957-0063 新潟県新発田市新栄町1-2-21

院内設備facilities

MRI (Magnetic Resonance Imaging)

MRI
  • MRIはMagnetic Resonance Imaging (磁気共鳴画像)の名前の通り、人体に磁気を当てて画像を撮影する装置です。
  • とても解像度の高い断層画像(輪切りの画像)が得られるだけでなく、脳血管の画像(MRA)も撮れるため、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤や、脳梗塞の前段階である脳血管狭窄(血管が細くなる)の診断にも威力を発揮します。そのため病状によっては、くも膜下出血や脳梗塞が起きる前に診断し、予防につなげる可能性が期待できます。
  • またMRIの優れた点として、放射線を使用しないため、人体への悪影響はございません。お子様や妊娠中の方でも、安心して検査を受けていただくことができます。
  • 機器写真

当院のMRIはオープン型であり、広く開放された環境で検査を受けていただく事ができます。
狭いところが苦手なお子様やお年寄りなど、MRI検査が苦手な方でも心配ございません。

ご注意
MRIは強い磁気を使うため、体内に金属がある方(心臓ペースメーカー、金属固定手術後、銃弾片など)はお受けになれない場合がございます。
検査前に自己申告をお願いしております。




MRI MRI 脳断層画像
  • 脳の水平断のみならず、様々な方向の断面画像を得ることができ、病変の立体構造を把握するのにとても有用です。
  • 直径数mmの小さな病変(隠れ脳梗塞など)も、鮮明に描出することができます。

MRA MRI 脳血管画像(MRA)
  • 脳血管の中を流れる血流を画像化した撮影法です。
  • 血管の閉塞や狭窄(細くなる病変)、未破裂脳動脈瘤(破裂してくも膜下出血をおこす前段階の病変)、血管奇形など、様々な脳血管の異常を描出します。


レントゲン撮影

胸部XP 頭頸部、胸腹部レントゲン画像
  • 人体に問題のないレベルの放射線を使って、頭部、胸部、腹部、四肢の撮影ができます。
  • 頭蓋骨骨折、脊椎骨折、肺の疾患(肺炎、癌など)、胸部病変、心臓の疾患などの補助診断に有用です。
  • 骨折や肺炎、腹部疾患などの診断では、MRI以上の診断能力があります。
腹部XP

脳波検査(Electro Encephalogram)

脳波
  • 頭皮に設置した電極から、脳の微細な電気的変化を感知して測定します。
  • MRIやX線検査ではわからないような、脳の電気活動の異常(てんかんなど)の診断に有効です。




大杉脳外科医院大杉脳外科医院
Osugi Neurosurgical clinic
大杉脳外科医院

〒957-0063
新潟県新発田市新栄町1-2-21
TEL 0254-23-8211
FAX 0254-28-8848

イラスト